かじやトップへ >  越路乃紅梅  >  越路乃紅梅 特別本醸造無濾過生原酒 松崎バージョン

越路乃紅梅 特別本醸造無濾過生原酒 松崎バージョン

越路乃紅梅 特別本醸造 無濾過生原酒 松崎バージョン

越路乃紅梅 特別本醸造無濾過生原酒 松崎バージョンは、しぼったばかりのフレッシュな香りと濃厚な口当たりが楽しめる今だけの限定酒です。
蔵人であり契約栽培農家である松崎明寛氏の限定された田んぼで育てた酒米を使用し、自ら仕込みに参加した自信作です。

越路乃紅梅 無濾過純米吟醸生原酒 松崎バージョンは、この冬1月に搾ったばかりの出来たての新酒です。
無濾過タイプ生原酒ですので、搾ったままのお酒を瓶詰めし、火入れ(加熱殺菌)も一切行っていない、今しか楽しめない、生まれたての味わいをぜひどうぞ!

店長のポイント
店長

昨年、凛と咲く越路乃紅梅として発売になった商品が、今年は酒米を育てた田んぼまで絞り込み、 その酒米を育てた農家兼蔵人「松崎明寛氏」が自ら酒造りに携わった限定商品です。

日本酒の原料である「酒米」とその「栽培者・田んぼ」に焦点を当て、さらにはその栽培者が冬に蔵人になって、 自らの酒米を使用し想いを込めてお酒を仕込むという、田んぼから製造まで同じ「人」が携わるという特別な商品であります。

気になる味わいは、搾ったばかりの時にしか楽しめない果実を思わせるような新鮮味のある新酒ならではの香りと、 火入れ(加熱処理)やアルコール度数の調整を一切行っていない生原酒ならではの濃厚な口当たりが楽しめます。

濃厚さがやや甘口にも感じますが、味わいのふくらみとキレを意識する蔵元らしい、後味のアクセントもしっかりあり、 若いお酒特有の若干の苦みも出ていて、それらを総じて、今しか楽しめない旬の味わいをぜひ皆様にも楽しんで頂きたいです。

熱々の鍋料理や煮込み料理、濃いめの味付けのお料理などとも合わせやすく、春先までの間にぜひご賞味くださいませ。

なお、3月中旬には、別の農家兼蔵人「岸田 健氏」の田んぼの酒米で、同様に仕込んだお酒が登場する予定です。

かじや リアルタイム注文状況

  • 規格:特別本醸造 無濾過生原酒(要冷蔵)
  • アルコール度数:19%
  • 原料米:五百万石(新潟県産100%)
  • 精米歩合:57%
  • 味わい:フレッシュな香り、口当たり濃厚、後味にキレのあるやや辛口タイプ
  • お勧めの飲み方:冷◎/常温○/ぬる燗△/熱燗△
越路乃紅梅 特別本醸造 無濾過生原酒 松崎バージョン 1.8L
お手元に到着後は冷暗所にて保管をお願いします。
越路乃紅梅 特別本醸造
無濾過生原酒 松崎Ver. 1.8L

価格:2,808円(税込)
(本体価格:2,600円 税8%:208円)
1.8L 今期完売御礼!
販売状態


越路乃紅梅 特別本醸造 無濾過生原酒 松崎Ver. 720ml
お手元に到着後は冷暗所にて保管をお願いします。
越路乃紅梅 特別本醸造
無濾過生原酒 松崎Ver. 720ml

価格:1,404円
(本体価格:1,300円 税8%:104円)
720ml完売御礼!
販売状態

越路乃紅梅・八恵 久比岐の蔵元 頚城酒造について

■海にも山にも恵まれた自然豊かな地で造られるお酒

海にも山にも恵まれた自然豊かな地で造られるお酒

日本三大薬師の一つとして数えられる霊峰米山のふもとに位置し、 日本海の恵みも豊かな新潟県上越市の北部に柿崎区に頚城(くびき)酒造はございます。
西は日本海、東は米山山麓と車なら約1時間で海と山の行き来ができる非常に自然に恵まれた地です。

山間地域には平成の名水百選に選ばれた「大出口(おおでぐち)泉水」があり、 水質は新潟の湧水らしい「軟水」で、米作り、酒造りに使用される水に非常に恵まれた地域です。


▼大出口泉水について
緑豊かな尾神岳の中腹にあり、豊富な水が一年を通して枯れることなく湧き出る名水です。
一日に約 4,000トンも湧き出る水は硬度23度で水温は約8度に保たれています。平成20年に環境省による「平成の名水百選」に選ばれました。
また、新潟県の「輝く名水」にも選ばれています。
上越市ホームページより引用

■米も作り、酒も造る「人」に恵まれて

米も作り、酒も造る「人」に恵まれて

酒造りを行う蔵人の一部の方は農家でもあります。
春から初秋にかけて原料である酒造好適米(以下、酒米)を作り、晩秋から冬の終わりまで蔵人として酒造りに携わります。

このような農家が冬の仕事として酒造りに携わる、いわゆる杜氏をトップとした出稼ぎ制度を含めた蔵人制度は 全国的に見ても現在少なくなってきておりますが、 昔ながらの米作りから酒造りといった一連の流れでお酒が出来るまでに携わる「人」に恵まれた蔵であります。
つまり自分で作った酒米で酒造りを行うということで、より気持ちを込めた酒造りが行われています。

そんな地元の方々が丹精込めて造ったお酒を販売できる喜びを当店は感じております。

■蔵人の手が多く入る昔ながらの酒造り

蔵人の手が多く入る昔ながらの酒造り
手作業で行われる麹(こうじ)造り

頚城酒造で使用される酒米は、大吟醸などで使用される兵庫県産の山田錦以外は新潟で作られた酒米です。
そしてその新潟産の酒米の一部は、地元柿崎区の農家さんが作る契約栽培米で、地元上越柿崎区の自然の恵みの結晶です。

酒造りは「一.麹(こうじ)、二.(もと)、三.造り(つくり)」と呼ばれる大事な三要素がありますが、 最初の大事な麹造りに直結する蒸米造りでは昔ながらの和釜を用い、甑(こしき)と呼ばれる蒸し器で丁寧に酒米を蒸します。

その後の仕込みは小さな蔵元であることのメリットを活かし、小仕込みで人の手が多く入る酒造りが行われております。

晩秋から春先までこの酒造りは杜氏のもと、計画されたスケジュールに沿って造られていきます。
このような冬の時期に行う酒造りを「寒造り」と言いますが、冷蔵庫の中にずっといるような寒さが続くことが酒造りにおいては好条件だからです。

お酒を造る工程で重要な醗酵(はっこう)においては一定の低温状態が必要とされ、 醗酵途中の温度管理の観点からも冬の気候がまさに最適な環境であると言えます。

また、新潟に降る雪は住む人間にとってはやっかいな存在ではありますが、 空気中のチリや微粒子を包み込み、空気がクリーンな状態になると言われており、 醸造中の衛生面からも冬の厳しい寒さと降り続く雪はメリットがあるようです。

■食事との相性を一番に考えた味わいの追求と日本酒が”繋ぐ”役割を果たす意味について

食事との相性を一番に考えた味わいの追求
日本酒が”繋ぐ”役割を果たす意味について

頚城酒造が目指す酒の味わいはひと言でいうと「料理との相性が良いお酒」です。
日本酒は食事と一緒に召し上がって頂くのが一番であり、あくまで料理の引き立て役に徹するのが理想であると考えていらっしゃいます。
確かに日本酒だけを飲む機会は少ないですし、料理やおつまみが側にあることが多いですね。

また、日本酒は人と人とを繋ぐ役割を持つとおっしゃいます。
例えば宴席でお酒を注ぎ合うのは相手の方との心を縮める役割を持っていますね。

それから、蔵元のある新潟上越出身の方が故郷を思い出すきっかけとして、生まれた地を懐かしむ、そして故郷と繋ぐ酒でありたいそうです。

実は頚城酒造の社長とかじやの店長である私は、偶然にも同い年で、彼の考える地域で造られる地酒のあり方に共感した一人です。
蔵元、酒店が協力し、地元地域で造られるこの魅力的な地酒を広める努力をするとともに日本酒の文化を継承していく努力を行っていきたいと思います。


未成年者への酒類販売禁止
即日発送も可能です
店長・宮崎の予定
営業日・当月
今までにない楽しい日本酒を
まさか!酒店 ペン吟醸

担当:宮崎文徳
店長って、こんな人



ご注文確認メールの配信エラーについて(迷子メール)

お客様のお声

日本酒の豆知識

全国新酒鑑評会

荷物お問い合わせ

OSMC(オンラインショップマスターズクラブ

【かじや】かわらばん
お得な情報をゲット♪
▲メールアドレスをご入力

Google Sitemaps用XML自動生成ツール