■6/17(月)~6/18(火)まで都合によりお電話の対応を休ませて頂きます。

かじやトップへ >  千代の光  >  千代の光 純米吟醸KENICHIRO 窪松原産越淡麗

千代の光 純米吟醸KENICHIRO 窪松原産越淡麗

千代の光 純米吟醸KENICHIRO「窪松原産越淡麗」
千代の光酒造の常務取締役であり、現社長の跡取り息子の池田剣一郎さんが、 自分の名前を銘柄名にした渾身の1本。
蔵元の地元・窪松原地区で育てられた酒米・越淡麗を使用。

■自分の名を使用するから妥協は無し

笑顔の池田剣一郎さん
笑顔の池田剣一郎さん

東京でのサラリーマン生活を経て、2011年に蔵の跡を継ぐため、新潟県妙高市に戻ってきました。
数年の間、蔵人として酒造りに没頭し、その中で生まれてきた気持ちが「自分のお酒を造りたい」だったそうです。

父である社長にそのことを伝えると、造るのは良いが、製品として出すにはそのお酒の出来を見てからとの条件付きで酒造りがスタートしました。

■テロワールを意識した地元・窪松原産「越淡麗」を使用

自分の酒造りに没頭する

蔵元の所在地である窪松原地区で契約栽培された酒米「越淡麗」を全量使用しております。
近年意識する蔵元が多い、蔵の土地や気候などの環境で育て、醸造された商品であり、 千代の光らしいやや甘口でスッキリとした味わいを意識したのではないでしょうか。

その越淡麗を50%まで精米した純米吟醸酒で、おだやかなりんごのような香りと、 繊細でなめらかなやや甘口の口当たり、後味に抜けていくほのかな渋みと酸味が特徴の お酒に仕上がりました。

■Kシリーズとして今後の展開が楽しみ

千代の光 Kシリーズの展開は?

池田剣一郎さんのイニシャル「K」のラベルは、彼の同級生で創作活動をされている青木隆太さんの作品で、 手を使って書かれたそうです。

また今後は、Kシリーズとして千代の光の新たなるラインナップの展開も予想され、今後の展開が楽しみな銘柄でもあります。


店長のポイント
店長

千代の光 KENICHIRO:通称Kシリーズの2019年の新作となる「窪松原産越淡麗」は、 蔵元のある地域・窪松原に絞り込んだ商品です。

ワインなどで意識されるテロワールの考え方を日本酒造りにも持ち込む蔵元が増えてきておりますが、 窪松原で育てられた酒米・越淡麗を全量使用し醸造された、 地域、気候、そしてそれに携わる人の特徴を意識した商品だと思っています。

米作りでは山に近い地域のためか、上越妙高の平地特有の粘土質の多い土(通称:べと)ではなく、 サラサラとしたような土壌だと、同地域で米作りをする農家さんに聞いたことがあります。
また、冬には例年2メートル前後の雪が降る地域であり、その雪どけ水由来の軟水の仕込み水がこの蔵の地域から採れます。

そういった地域の特徴を活かし、これまで千代の光が作りだしたお酒の原点であるスッキリとしたやや甘口の味わいと、 剣一郎さん自身がチャレンジした香りと味わいが垣間見られる、これから目指す千代の光の方向性をも感じる仕上がりだと思います。
味わいをひと言で言うのならば「ほのかに感じる果実の香り、やさしい口当たりのやや甘口」です。

限定醸造のため、早期に販売が終了する恐れもありますので、ご購入はお早めにどうぞ。

かじや リアルタイム注文状況

  • 規格:純米吟醸原酒
  • アルコール度数:15%
  • 原料米:新潟県妙高市窪松原産越淡麗100%
  • 酵母:非公開
  • 精米歩合:50%
  • 成分値:日本酒度-8.0/酸度1.8
  • 味わい:ほのかに感じる果実の香り、やさしい口当たりのやや甘口
  • お勧めの飲み方:冷◎/常温○/ぬる燗○/熱燗○
千代の光 純米吟醸KENICHIRO 窪松原産越淡麗 1.8L
千代の光 純米吟醸 KENICHIRO
窪松原産越淡麗
1.8L
価格:3,240円(税込)
2019年発売分完売!
販売状態

千代の光 純米吟醸KENICHIRO 窪松原産越淡麗 720ml
千代の光 純米吟醸 KENICHIRO
窪松原産越淡麗
720ml
価格:1,620円(税込)
2019年発売分完売!
販売状態

未成年者への酒類販売禁止
店長・宮崎の予定
営業日・当月
今までにない楽しい日本酒を
まさか!酒店 ペン吟醸

担当:宮崎文徳
店長って、こんな人


ご注文確認メールの配信エラーについて(迷子メール)

お客様のお声

日本酒の豆知識

全国新酒鑑評会

荷物お問い合わせ

新潟上越 地酒の店 かじや Facebookページ

【かじや】かわらばん
お得な情報をゲット♪
▲メールアドレスをご入力

Google Sitemaps用XML自動生成ツール