かじやトップへ >  千代の光  >  千代の光 雪中淡月(せっちゅうたんげつ)

千代の光 雪中淡月(せっちゅうたんげつ)

2016年商品完売御礼
夏限定 千代の光 雪中淡月

雪の中でじっくり、ゆっくり熟成させました!
薄っすらとオリがからむ「うすにごりのお酒」です。
冷酒で、またはロックでどうぞ!



■蔵元は雪深い地にあり、その雪を利用した貯蔵方法です

真冬の千代の光酒造
真冬の千代の光酒造
冬の間、雪に囲まれる地に蔵元・千代の光酒造はございます。
雪に囲まれると一定の低温状態を保つことができ、酒造りに適した条件となります。

その雪を利用し、巨大な雪室を春先に作ります。
巨大な雪室ができるまで
数ヶ月の間、光が入らず、一定の低温状態が続く雪室内で眠りについたお酒たちは ゆっくり、じっくりと熟成していきます。
その熟成が丁度良い夏ごろ、眠りから醒めたお酒たちは皆様の元へお届けとなります。

■旬の夏のお料理との相性が良さそうです

夏のお料理との相性が良さそうです
旬の夏のお料理と共にどうぞ
酒米・五百万石をじっくりと発酵させ、遠心分離装置で生酒のしずくを集めた贅沢な造りです。
その生酒を雪室の中に約3ヶ月入れ、貯蔵熟成させました。 冬に発売される淡月よりもまろやかな味わいが楽しめます。
冷してお召し上がり下さい。硬い氷を浮かべてロックでも楽しめます。
味わいはふくらみがあり、後味がスッキリとしたお酒ですので 特に旬のお料理との相性が良さそうです。

清酒の加熱処理「火入れ」とは... 清酒のほとんどは、出荷までに2回加熱処理をします。 これを「火入れ」と言い酒質に悪影響を及ぼす乳酸菌の一種の働きを止めるために行う酒造りには ごく一般的な作業です。
その中で、この加熱処理を一度もしていない酒を 「生酒(なまざけ)」 、 瓶詰め時に一度だけ加熱処理したものを 「生貯蔵酒(なまちょぞうしゅ)」 、 貯蔵前の加熱処理はするが瓶詰め時にしない酒を 「生詰酒(なまづめしゅ)」 と呼びます。
瓶詰め年月日について
瓶に詰めてから雪室で熟成しています
※写真は2009年のものです。
千代の光 雪中淡月は真冬に仕込んで搾った生酒を瓶に詰めて 巨大な雪室にて約4ヶ月の間、低温にて熟成させております。
ラベルには製造年月日が記載されておりますが、 この年月日は出来たての生酒を瓶詰めした日であります。

また、雪中淡月は紫外線を防ぐための特殊な透明な袋に入った状態でお届けとなります。
お手元に届いた後は、すぐにお召し上がり頂くか、光の入らない冷蔵庫などで保管をお願いします。

かじや リアルタイム注文状況
千代の光 雪中淡月
千代の光 雪中淡月(千代の光酒造)
500ml 価格:1,404円(税込)
(本体価格:1,300円 税8%:104円)
販売状態
2016年分完売御礼!
  • 規格:本醸造生酒(雪室にて長期低温熟成)
  • アルコール度数:16%
  • 原料米:五百万石
  • 精米歩合:56%
  • 成分値:日本酒度±0/酸度1.3/アミノ酸度-
  • お勧めの飲み方:冷◎/常温×/ぬる燗×/熱燗×

他の銘柄と組み合わせて贈り物に... 贈答・ギフト用化粧箱

ギフト・贈答用 720ml 2本入化粧箱

お酒やワインを贈り物にするときに最適なギフト・贈答用720ml2本入化粧箱です。
価格:450円

ギフト・贈答用 720ml 3本入化粧箱

お酒やワインを贈り物にするときに最適なギフト・贈答用720ml3本入化粧箱です。
価格:550円
未成年者への酒類販売禁止
新潟上越 地酒の店 かじや Facebookページ
店長・宮崎の予定
営業日・当月
今までにない楽しい日本酒を
まさか!酒店 ペン吟醸

担当:宮崎文徳
店長って、こんな人


ご注文確認メールの配信エラーについて(迷子メール)

お客様のお声

日本酒の豆知識

全国新酒鑑評会

荷物お問い合わせ

新潟上越 地酒の店 かじや Facebookページ

【かじや】かわらばん
お得な情報をゲット♪
▲メールアドレスをご入力

Google Sitemaps用XML自動生成ツール