タグ「精米歩合」が付けられているもの

普通酒(ふつうしゅ)

普通酒はその名の通りスタンダードな定番酒であります。

多くの蔵元の普通酒は、級別廃止前の2級酒を指すことが多く、晩酌酒として愛されてきました。

普通酒=三増酒と考えてる方がいっらっしゃいますが、決してそうではなく、蔵の酒造りの方向性や味わいを知るためのバロメーター的な役割を持ったれっきとした清酒です。

特定名称酒と呼ばれる本醸造、純米酒、吟醸酒の規格外の清酒を普通酒と呼ぶことが多く、普通酒を妥協して造っている蔵元の酒は個人的に期待できません。

新潟県の普通酒はレベルが高く、精米歩合も60%台後半の酒が多いことが特徴です。

そして普通酒は、毎日飲める晩酌酒として飲み飽きしない性質を持ち合わせており、多くの料理とも合わせ易い一般的にオールマイティな酒です。

普通酒だって侮れません、美味しい日本酒です。

純米酒(じゅんまいしゅ)

日本酒の原点であり、純米酒でないと日本酒でないと言われる方もいらっしゃいます。

個人的にはそうは思わないのですが、それはさて置きまずは定義から

まずは、米、米麹、水だけを原料とし、醸造したお酒のみが純米酒と名乗れます。

精米歩合50%以下で吟醸造りをしたものを「純米大吟醸酒」

精米歩合60%以下で吟醸造りをしたものを「純米吟醸酒」

精米歩合60%以下で原料や製造方法が客観的に優れているものを「特別純米酒」

と呼びます。


純米酒は米の味が感じられ、旨みやコクがある力強い酒になります。

冷酒、常温、燗酒と飲む温度帯で表情を変え、飲む人を飽きさせない玄人好みのお酒でもあります。

吟醸酒(ぎんじょうしゅ)

大まかに言うと

まず精米歩合60%以下のものを「吟醸酒」

精米歩合50%以下のものを「大吟醸酒」

と呼びます。


しかし、精米歩合だけでは名乗ることができません。

吟醸酒、大吟醸酒に共通していることは

吟醸造りと呼ばれる低温で時間をかけて醸造した酒でなくてはなりません。

また、醸造アルコールの使用量は仕込みに使用する米の重さの10パーセント以下

そして、出来上がった酒の品質で吟醸香がして、色・ツヤともに良いもの(大吟醸は特に)

といった定義があります。


昔は吟醸酒は、コンテストや品評会に出品する専用のお酒でした。

文字通り杜氏や蔵人が持つ技の全ての結晶で、市場に出回ることはほとんどない幻の酒でした。


フルーティな吟醸香とすっきりとした口当たり(淡麗)が大きな特徴で

その多くは冷酒で召し上がるのがおすすめ。

場合によっては燗酒で飲まれる方もいらっしゃいますが、それはお好みでどうぞ

特定名称 原料 精米歩合 麹米の使用割合 味や香りなど
大吟醸酒 米、米麹、醸造アルコール 50%以下 15%以上 吟醸造り、特有の香味、色ツヤが特に良好
吟醸酒 米、米麹、醸造アルコール 60%以下 15%以上 吟醸造り、特有の香味、色ツヤが良好
純米大吟醸酒 米、米麹 50%以下 15%以上 吟醸造り、特有の香味、色ツヤが特に良好
純米吟醸 米、米麹 60%以下 15%以上 吟醸造り、特有の香味、色ツヤが良好
特別純米酒 米、米麹 60%以下または特別な製造方法 15%以上 香味、色ツヤが特に良好
純米酒 米、米麹 - 15%以上 香味、色ツヤが良好
特別本醸造酒 米、米麹、醸造アルコール 60%以下または特別な製造方法 15%以上 香味、色ツヤが特に良好
本醸造酒 米、米麹、醸造アルコール 70%以下 15%以上 香味、色ツヤが良好

精米歩合

精米歩合玄米の状態を100%とし、磨いた(削った)後の白米本体のパーセンテージを示します。

例えば、精米歩合60%は40%を磨いた(精米した)ということです。
日本酒の精米歩合では、削るのではなく磨くという表現を使います。

ちなみに普段食べている米飯は90~92%ほどです。

お米の表層部には多くのたんぱく質や脂肪などが含まれています。それらが多すぎるとお酒の味や香りが悪くなってしまうので、磨くことにより成分を少なくします。

精米歩合が低いほど贅沢なお酒となるわけですが、その分多くのお米が必要になるので、それに伴って日本酒の価格も高くなるということです。