■6/17(月)~6/18(火)まで都合によりお電話の対応を休ませて頂きます。

かじやトップへ >  research  >  日本酒好き女子がおすすめ!お中元に贈るならこの日本酒

日本酒好き女子がおすすめ!お中元に贈るならこの日本酒

「お中元って、贈ったほうがいいのかな?」
「どのようなものが喜ばれるのだろう?」
「できれば見た目もオシャレなものがないかな?」

そろそろ百貨店やネットショップで「お中元コーナー」がオープンするころです。
アルコール?お菓子?お肉?果物?産直品?などたくさんのアイテムがたくさんあります。

そんなアイテムの中から、喜んでいただくお中元の商品を選ぶのは大変ですよね。今回は、お中元に何を贈ったら良いかお悩みの方におすすめ商品をご紹介します。

こんにちは!
かじや店主のもとで日本酒コンシェルジュ見習いとして勉強中のメグミです。

日本酒って少しずつ人気が落ちているなどと言われていますがおいしい日本酒をぜひ飲んでほしいと日本酒の良さをお伝えするために私がまず日本酒を知ることだと、日本酒をよく飲んでいます。

週1回は休肝日を作り、日本酒のおいしさを堪能しているメグミがお中元に贈るならこの日本酒というものを厳選しました。

「あ〜、あれも良いな〜」
「いや、あっちのほうが飲み口がまろやかだし・・・」と悩みながら師匠にも相談しつつ選びましたのでご紹介します。

その前に、なぜ、お中元を贈るの?いつまでに贈ればいいの?などお中元に関する知識やマナーや奥深い日本酒の様々な情報について、お酒を好まれる方へのお中元に日本酒を贈ることがよい理由などもご紹介します。

1.お中元の豆知識

その1:お中元とは?

「夏のご挨拶」や「お世話になった方への感謝の気持ちを伝えたい」ということでお中元を贈りますがそもそものお中元の起源は、古代中国の宗教の一つである道教では1年を3つに分けそれぞれを上元(1月15日)、中元(7月15日)、下元(10月15日)と呼び、まとめて三元と呼ばれていました。

それぞれの日には、神に供物を捧げて奉るという行事がありました。このなかでも、中元は贖罪の日とし、罪が赦される贖罪の行事が行われていたそうです。

また仏教では盂蘭盆会(うらぼんえ)という先祖の霊を供養する行事がお中元と同時期にあります。
この「中元」と「盂蘭盆会」が交ざりあい、日本に伝わり、お盆の時期に先祖へ供物を届けると共に、商い先やお世話になった方へ贈り物をする習慣が始まり、これが日本のお中元の始まりと言われています。

ですので、お中元はご両親や親戚、取引際の方などお世話になった方への感謝の気持ちを伝えるとともに暑い夏もお元気にお過ごしくださいというご挨拶が目的です。

お中元とは?

その2:お中元を贈る時期は?

贈る時期は地方によって多少の差はありますので、お届け先に合わせた正しい時期に贈るようにしましょう。
東日本の地域へのお届けは6月下旬〜7月15日まで、西日本の地域へのお届けは7月中旬〜8月15日までが一般的ですがお中元を贈る時期が年々早まっている傾向にあります。

お中元を贈るのを忘れてしまったら、熨斗を「暑中見舞い」もしくは「残暑見舞い」として贈り物をするようにしましょう。
暑中見舞いは「梅雨明け〜立秋」まで、残暑見舞いは「立秋〜8月末」の間となります。

その3:金額の相場は?

あまりに高額なものをお届けすると、相手に気を使わせてしまうことになりますので、一般的な金額の目安としては3,000円〜5,000円程度です。
しかし、特別にお世話になった人には1万円程度の商品をお届けすることもあります。

その4:贈るときのマナーは?

アルコールが大好きな人にアルコールが届くと非常に喜ばれますが、アルコールを飲むことができない方にアルコールを贈っても喜ばれません。
甘いものを食べることが苦手な方にスイーツを贈っても同じですよね。このように贈る方の苦手なものはリサーチしておき、好みのものを贈るようにしましょう。

2.お中元に贈る日本酒を選び方

日本酒が見直されている昨今、お中元の贈り物に最適な日本酒の選び方をご紹介します。

その1:「冷酒」で楽しめるお酒

暑い夏に贈りますので、届いたら日本酒を冷たく冷やして飲むとおいしいお酒を選びましょう。
冷たく冷やした日本酒をキュッと一口っていいですよね。

日本酒では「冷や」という言葉もあります。この「冷や」は常温で飲むことを言います。
そして「冷酒」は、冷蔵庫や氷水の中に入れて冷たく冷やして飲むお酒のことを言います。
またこの「冷酒」のなかでも、日本酒の温度が約5℃刻みの違いで
・雪冷え(ゆきびえ)5℃くらい
・花冷え(はなびえ)10℃くらい
・涼冷え(すずびえ)15℃くらい
と呼ばれています。なんだか風情がある呼び名ですよね。

「冷酒」で楽しめるお酒

その2:純米大吟醸酒や大吟醸酒

お酒の種類がたくさんあってわからないという場合には、冷やして飲むとより楽しめる「純米大吟醸酒」や「大吟醸酒」をセレクトするようにしましょう。

ここで出てきました「大吟醸酒」ってどういうお酒かについて少しご紹介します。
大まかに言うと精米歩合50%以下のものを「大吟醸酒」と呼び、醸造アルコールの使用量は仕込みに使用する米の重さの10パーセント以下でプラスしていると「大吟醸酒」そうでない場合「純米大吟醸酒」となります。
また、吟醸造りと呼ばれる低温で時間をかけて醸造し、出来上がった酒の品質で吟醸香がして、色・ツヤともに特に良いものだけが「大吟醸酒」となります。

ちなみに「吟醸酒」は精米歩合60%以下になります。

これらのお酒は、杜氏や蔵人が持つ技の全ての結晶を詰め込み、コンテストや品評会に出品する専用のお酒で市場に出回ることはほとんどない幻の酒とされていましたが、近年では市場にも出回るようになりました。

その3:珍しい銘柄

どこででも手に入るような銘柄ではなく、珍しく、こだわりの銘柄がおすすめです。

日本酒が好きな方はどのような銘柄でも美味しい日本酒をプレゼントされると嬉しいのですが、普段自分が選ばないような日本酒をプレゼントしていただくと、非常に嬉しいものです。

「話には聞いたことあったから、飲んでみたかったんだよ」と喜ばれることも多くあります。

雪中梅雪中貯蔵純米原酒720
その4:夏だけの日本酒

最近では各蔵元から「夏の日本酒」として夏の季節に合うような日本酒も多く販売されるようになっています。

このような日本酒は珍しいのでお中元として贈ると非常に喜ばれます。

その5:見た目・ラベルも重要

夏の涼しげなラベルやブルーの瓶など季節感のある見た目の日本酒をセレクトするようにしましょう。

八海山金剛心800箱セット

その6:辛口か甘口

ラベルや説明文に「甘口」や「辛口」と記載されていますので、贈る相手の方の好みが事前に分かる場合には好みの辛さをセレクトするようにしましょう。

この「甘口」と「辛口」の違いは、分解されずに残っている糖とアルコールの量によって決まり、糖が多いと甘口、アルコールが多いほど辛口になりやすいと言われ、「日本酒度」という指標によって表現され+の値が大きいほどアルコールの比率が大きくなっています。

しかし、日本酒の甘口、辛口には「酸度」や「アミノ酸」も影響があるといわれていますので、日本酒度は、商品を選ぶ目安にしてください。

人の味覚は十人十色で、また個人の趣向にもよる部分がありますが、甘口の方が、口当たりが軽やかでフルーティな上品さがあると言われ日本酒初心者の方は女性の方に好まれる傾向があります。一方の辛口は キリッとした口当たりで爽やかな味わいがあると言われ食事との相性が良い傾向にあると言われています。

メグミは、甘口の日本酒も飲みますが、どちらかというと辛口の日本酒のほうが好きです。

3.お酒を好まれる方へのお中元に日本酒を贈ることがよい理由

その1:喜びの酒=日本酒

日本酒は昔から祝い事に使うお酒、喜びの酒と言われていました。
日本酒は縁起がよいお酒ともいわれていますので、縁起がよい贈り物としても喜ばれます。

その2:飲んだことのない銘柄はワクワク

日本酒は日本各地に蔵元があり、一つの蔵元からの数多くの銘柄があるため、数多く日本酒が販売されています。
日本酒を好んで、よく飲まれる方でもすべての日本酒の銘柄を知り、飲むということは非常に難しいのが現状です。
初めて飲むというのは皆さんワクワクします。初めて知った、そして、飲んだことがない銘柄の日本酒が届くと非常に喜んでもらえます。

日本酒

4.お中元に贈るならこの日本酒

今回、お中元におすすめの日本酒をメグミが厳選しました。
厳選する際に師匠にずいぶん教えていただきました。

その1:八海山 金剛心

夏限定で最上級の極上酒と言われている日本酒が「八海山 金剛心」です。

「最上級の極上酒って何ですか?」
と師匠に聞いたところ

「新潟を代表する八海山が造る最高級のお酒で、現在市販されている中で最上のお酒で、年2回のみ数量限定で発売されている」
とのことです。

最上のお酒って気になりますよね

「八海山が目指す本当に美味しいお酒とは何かを問い続けた結果の味わいであり、原料である酒米も、兵庫県で採れる最上級の山田錦、そして魚沼産コシヒカリで有名な蔵元の周辺で作られた五百万石を使用し、それぞれの良さを出すために、蔵人が持つ技量を最大限発揮して作られた文字通り、金剛=ダイヤモンドのような硬くゆるぎない想いが込められた特別なお酒」だそうです。

本当に美味しいお酒はこんな味わいなんだと実感さえてくれる品格のある味わいがあり特にお世話になった方や、特別なお付き合いのある方への贈り物におすすめです。

しかし数量限定の貴重な商品ですので売り切れる可能性がありますので、お早めにご注文下さい。

その1:八海山 金剛心

八海山 金剛心
価格:13,500円 クール便 送料込み

複数お届け先に送る際には1つのお届け先に送る数量を選択してください

数量
その2:洗心 純米大吟醸

メグミの師匠である「かじや」店主が今まで飲んで「本当にうまい!」と思ったお酒の一つが「洗心 純米大吟醸」だそうです。

一押しの日本酒です。
師匠に「洗心 純米大吟醸」を飲んだ感想を聞いたら
「美味しいお水を飲んでいるかのようななめらかな口当たり、スッと消えていくような儚さも感じる洗練した味わいで、夏に爽やかさを感じさせてくれる味」
だそうです。

「師匠〜、ポエマーですか??」

メグミもいただきましたが、ポエマーになる気分がわかる日本酒で冷たく冷やして味わっていただきたい高級日本酒です。

その2:洗心 純米大吟醸

洗心 純米大吟醸 1.8L
価格:11,800円 送料別途

複数お届け先に送る際には1つのお届け先に送る数量を選択してください

数量
洗心 純米大吟醸 720ml
価格:5,616円 送料別途

複数お届け先に送る際には1つのお届け先に送る数量を選択してください

数量

1銘柄ではなく複数銘柄の日本酒を贈りたいという方もいらっしゃると思いますのでお中元セットを作りました。

その3:平成・令和 雪中貯蔵の日本酒セット

令和元年の今年しかない日本酒セットです。

平成の最後の年、年始から春先にかけて酒造りを行い、それを平成の最後の冬に降り積もった雪を活用し低温貯蔵し、数ヶ月ののち、令和がスタートした夏前に雪の中から出したお酒の3本セットです。

豪雪地帯ならでは、新潟らしい古くから伝わる雪中貯蔵という保管方法は、現代で見直され、温度変化がほとんどない低温多湿の中で低温熟成された日本酒は、学術的にも味わいがまろやかになることが証明されております。

平成の最後から令和の始まりと時代を経た今年だけの味わいを楽しめる、今だけのセットです。

その3:平成・令和 雪中貯蔵の日本酒セット

平成・令和 雪中貯蔵の日本酒セット
価格:7,900円 クール便 送料込み

複数お届け先に送る際には1つのお届け先に送る数量を選択してください

数量
その4:冷酒で美味しい日本酒セット

平成最後の酒造りしたお酒で競われた全国新酒鑑評会で金賞受賞をした2蔵が夏に冷酒で美味しいお酒として発売する季節限定酒のセット。

一つは、新潟を代表する銘柄「久保田」の季節限定酒・翠寿(すいじゅ)です。
この「翠寿」は華やかな果実を思わせる香りと、軽い口当たりの飲みやすい大吟醸の生酒で、その名と通りすいすいと軽やかに飲めてしまいます。

すいすいと飲めるとすぐに酔ってしまいそうですが、のど越し軽やかにいただける日本酒です。

もう一つは八恵久比岐(はっけいくびき)純米大吟醸「雪」です。

今年も蔵元が金賞を受賞し、2年連続と安定感のある結果を残しており、平成の最後に造られたお酒を、1度雪室の中で低温貯蔵させ、令和の初夏に雪の中から取り出した貴重な日本酒です。
夏に「雪」というネーミングが涼しい気分にさせてくれますよね。

辛口でありながらも、雪中貯蔵特有のやわらかさを感じていただける日本酒です。
この商品はクール便でのお届けになります。

その4:冷酒で美味しい日本酒セット

冷酒で美味しい日本酒セット
価格:6,600円 クール便 送料込み

複数お届け先に送る際には1つのお届け先に送る数量を選択してください

数量
その5:夫婦円満・晩酌セット

日本酒だけではなく、おつまみもセットにしてお届けする商品もご用意しました。

日本酒は、新潟を代表する銘柄である
久保田(すっきり辛口)
八海山(すっきり辛口)
雪中梅(すっきり甘口)
の3種類からお好きな日本酒をお選び頂き、それに、おつまみとして味わっていただきたい、かじや店主おすすめの新潟で作られたかまぼこ2種類、みそ漬けを一緒にお届けいたします。

冷酒を一口、そしておつまみのかまぼこやみそ漬けを食べてにっこり「美味しいね」とほほえみ合って頂きたい。
または一人暮らしの方は、おつまみを考える心配はご無用。
おいしいかまぼこやみそ漬けをつまみながら冷酒を堪能してほしい。

そんな想いで日本酒ギフトを用意しました。

さらに、にこにこした笑顔でお召し上がり頂けるようニコちゃんお猪口も二つプレゼント。

その5:夫婦円満・晩酌セット

夫婦円満・晩酌セット
価格:6,600円 クール便 送料込み

日本酒を選択:

複数お届け先に送る際には1つのお届け先に送る数量を選択してください

数量
その6:新潟を代表する地酒銘柄セット

シニア世代の方々を中心にこれまで支持をしてきて頂いた新潟を代表する地酒銘柄「久保田」と「八海山」のセットです。

師匠曰く
「この「久保田」と「八海山」は地酒ブームを牽引し、これまで酒の国「新潟」を全国に印象づけた日本酒で、ブームは落ち着いたものの、飲み続けて頂いてる多くのファンに支持されている」
とのことです。

「長年のファンがついている理由は何だと思いますか?」と質問したら
「それは揺るぎない確かな想いで丁寧に造られたお酒であることが一つの理由であると思うよ」とのことでした。

どちらも辛口タイプ、いわば「淡麗辛口」という言葉が当てはまる日本酒で、夏に旬を迎える食材を使ったお料理との相性も良く、合わせやすいのが特徴で飲む方のお好みでお召し上がり頂けるバランスの取れた味わいのお酒ですので冷酒が苦手で燗酒好みという方も喜んでいただけるお手頃価格の日本酒セットです。

その6:新潟を代表する地酒銘柄セット

新潟を代表する地酒銘柄セット
価格:3,900円 常温便 送料込み

複数お届け先に送る際には1つのお届け先に送る数量を選択してください

数量

そして日本酒だけではなく他のアルコールもセットにした商品もご用意しました。

その7:ビールと焼酎ハイボール・日本酒セット

ギフト商品として人気の夏に美味しいビール、米焼酎から造られた焼酎ハイボール、日本酒をセットにしました。

ビールは国産ビール4社の代表銘柄よりお選び頂け、八海山の米焼酎・よろしく千萬あるべしをベースにしたレモン風味の焼酎ハイボールそして、日本酒は新潟を代表する辛口「八海山」または甘口の「雪中梅」のどちらかをお選び頂けます。

まずはビールやハイボールでのどを潤した後に、ゆっくり日本酒を嗜みたいっていう方におすすめのギフト商品です。

その7:ビールと焼酎ハイボール・日本酒セット

ビールと焼酎ハイボール・日本酒セット
価格:5,600円 常温便 送料込み

ビールを選択:

日本酒を選択:

複数お届け先に送る際には1つのお届け先に送る数量を選択してください

数量
未成年者への酒類販売禁止
店長・宮崎の予定
営業日・当月
今までにない楽しい日本酒を
まさか!酒店 ペン吟醸

担当:宮崎文徳
店長って、こんな人


ご注文確認メールの配信エラーについて(迷子メール)

お客様のお声

日本酒の豆知識

全国新酒鑑評会

荷物お問い合わせ

新潟上越 地酒の店 かじや Facebookページ

【かじや】かわらばん
お得な情報をゲット♪
▲メールアドレスをご入力

Google Sitemaps用XML自動生成ツール