純米酒(じゅんまいしゅ)

日本酒の原点であり、純米酒でないと日本酒でないと言われる方もいらっしゃいます。

個人的にはそうは思わないのですが、それはさて置きまずは定義から

まずは、米、米麹、水だけを原料とし、醸造したお酒のみが純米酒と名乗れます。

精米歩合50%以下で吟醸造りをしたものを「純米大吟醸酒」

精米歩合60%以下で吟醸造りをしたものを「純米吟醸酒」

精米歩合60%以下で原料や製造方法が客観的に優れているものを「特別純米酒」

と呼びます。


純米酒は米の味が感じられ、旨みやコクがある力強い酒になります。

冷酒、常温、燗酒と飲む温度帯で表情を変え、飲む人を飽きさせない玄人好みのお酒でもあります。