普通酒(ふつうしゅ)

普通酒はその名の通りスタンダードな定番酒であります。

多くの蔵元の普通酒は、級別廃止前の2級酒を指すことが多く、晩酌酒として愛されてきました。

普通酒=三増酒と考えてる方がいっらっしゃいますが、決してそうではなく、蔵の酒造りの方向性や味わいを知るためのバロメーター的な役割を持ったれっきとした清酒です。

特定名称酒と呼ばれる本醸造、純米酒、吟醸酒の規格外の清酒を普通酒と呼ぶことが多く、普通酒を妥協して造っている蔵元の酒は個人的に期待できません。

新潟県の普通酒はレベルが高く、精米歩合も60%台後半の酒が多いことが特徴です。

そして普通酒は、毎日飲める晩酌酒として飲み飽きしない性質を持ち合わせており、多くの料理とも合わせ易い一般的にオールマイティな酒です。

普通酒だって侮れません、美味しい日本酒です。