生酒(なまざけ・なましゅ)

生酒(なまざけ)とは、醪(もろみ)を搾った後に一切火入れ(加熱処理)しない酒を指します。

加水調整をしたり、醸造アルコールを添加しても、火入れさえしなければ「生酒」となります。


生酒は文字通り生のお酒ですので、温度による劣化を招き易く、通常は要冷蔵商品となります。

搾ったあとすぐに飲む生酒と一定期間冷蔵保存された生酒の味わいは全く違うものとなるので、

後者は通好みの飲み方でもあります。


似たような言葉で「生貯蔵酒」「生詰酒」などがありますが、こちらは最低一回の火入れを行っているので生酒ではありません。