生貯蔵酒

生貯蔵酒(なまちょぞうしゅ)は、搾った酒を火入れせずにタンクで貯蔵し、出荷時(瓶詰め時)に一度火入れを行うタイプの酒をいいます。

通常の日本酒は、搾った直後と出荷時に2度火入れを行います。

文字通り「生」で「貯蔵した」お酒で、生酒の風味を残す製法です。

酒質も冷酒向きの酒となります。


また混同し易い「生詰酒」は、搾った直後に火入れを行い、出荷時は火入れを行わない酒を言います。