原酒(げんしゅ)

原酒(げんしゅ)とは、搾った酒を水で割らないものを差します。

搾った直後のお酒は、アルコール度数が20度から22度くらいあり非常に強いお酒です。

これに水を加え調整することを加水調整と言い、アルコール度数によって酒税が決まる点や飲み易い度数(約15度)にするためにこの作業を行います。


生酒と間違え易いですが、生酒は加熱処理しないもの

原酒は加水調整しないもの

この2点のどちらもしないものを「生原酒(なまげんしゅ)」と呼びます。