商品情報にスキップ
1 2

鮎正宗 純米原酒 秋あがり 1.8L

鮎正宗 純米原酒 秋あがり

通常価格 ¥2,970税込
通常価格 ¥0 セール価格 ¥2,970税込
セール 売り切れ

「AmazonPay」は、ギフト注文の際にはご利用いただけません。ご自分あてお届けのご注文は可能です。

甘辛度

1
2
3
4
5
甘口
普通
辛口

濃厚度

1
2
3
4
5
すっきり
普通
濃い

芳醇度

1
2
3
4
5
穏やか
普通
華やか

飲み方

ロック
冷酒
常温
ぬる燗
熱燗

店長のおすすめポイント

これまで壱度火入れとして発売していた商品を、秋までの熟成を経て「秋あがり」という名前に変更して発売しました。

濃いめの口当たり、適度な熟成感によるコクもあり「濃い口のやや甘口」がお好きな方にぜひお勧めしたい1本です。

濃い味のお料理との相性も良さそうですよ。

商品紹介

生酒由来の風味を残し、一度だけ火入れ(加熱殺菌)した純米原酒の濃厚な口当たりをお楽しみ下さい。

冬に搾った純米生原酒を一度だけ火入れした商品で、 生酒の風味を残しつつ、ふくらみのあるやや甘口の口当たりと後味のキレが特徴です。
味わいのポイントは甘口だけど、後味がスッキリとキレていく、です。モヤッとした後味じゃないところが、蔵の目指す味わいで、さすがだと感じます。

その「火入れ」とは、酵母の活性を止めるために行う加熱殺菌のことで、 通常の商品は、タンクでの熟成前と出荷時の瓶詰め時の2度行います。
この火入れを行うことにより、酵母が生きている生酒と比べ、より安全で緩やかに熟成が進むようになります。

この純米生原酒は、最低限の一度だけ火入れを行うことにより、 生の風味を出来る限り残しつつ、しっかりとした管理を行えば、緩やかに熟成していく味わいを楽しめる商品です。
ただし、熟成と言っても年単位ではなく、月単位の熟成で、秋口までがちょうど良い感じの熟成のピークと思われます。

すぐに封を切ってフレッシュ感の残る味わいを楽しむも良し、お手元の冷蔵庫などで数ヶ月熟成させた後飲んで頂くのも、 皆様の楽しみ方の一つだと思います。
(一般的に、時間と共にフレッシュ感が少なくなり、味わいの幅が広がってきます)

商品情報

原料米 五百万石・こしいぶき
精米歩合 65%
アルコール度数 17%
醸造元 鮎正宗酒造株式会社
詳細を表示する

鮎正宗 純米原酒 秋あがり 1.8L

鮎正宗 純米原酒 秋あがり

鮎正宗酒造

甘辛度

1
2
3
4
5
甘口
普通
辛口

濃厚度

1
2
3
4
5
すっきり
普通
濃い

芳醇度

1
2
3
4
5
穏やか
普通
華やか

飲み方

ロック
冷酒
常温
ぬる燗
熱燗

店長のおすすめポイント

これまで壱度火入れとして発売していた商品を、秋までの熟成を経て「秋あがり」という名前に変更して発売しました。

濃いめの口当たり、適度な熟成感によるコクもあり「濃い口のやや甘口」がお好きな方にぜひお勧めしたい1本です。

濃い味のお料理との相性も良さそうですよ。

商品紹介

生酒由来の風味を残し、一度だけ火入れ(加熱殺菌)した純米原酒の濃厚な口当たりをお楽しみ下さい。

冬に搾った純米生原酒を一度だけ火入れした商品で、 生酒の風味を残しつつ、ふくらみのあるやや甘口の口当たりと後味のキレが特徴です。
味わいのポイントは甘口だけど、後味がスッキリとキレていく、です。モヤッとした後味じゃないところが、蔵の目指す味わいで、さすがだと感じます。

その「火入れ」とは、酵母の活性を止めるために行う加熱殺菌のことで、 通常の商品は、タンクでの熟成前と出荷時の瓶詰め時の2度行います。
この火入れを行うことにより、酵母が生きている生酒と比べ、より安全で緩やかに熟成が進むようになります。

この純米生原酒は、最低限の一度だけ火入れを行うことにより、 生の風味を出来る限り残しつつ、しっかりとした管理を行えば、緩やかに熟成していく味わいを楽しめる商品です。
ただし、熟成と言っても年単位ではなく、月単位の熟成で、秋口までがちょうど良い感じの熟成のピークと思われます。

すぐに封を切ってフレッシュ感の残る味わいを楽しむも良し、お手元の冷蔵庫などで数ヶ月熟成させた後飲んで頂くのも、 皆様の楽しみ方の一つだと思います。
(一般的に、時間と共にフレッシュ感が少なくなり、味わいの幅が広がってきます)

商品情報

原料米 五百万石・こしいぶき
精米歩合 65%
アルコール度数 17%
醸造元 鮎正宗酒造株式会社

Customer Reviews

Based on 1 review
100%
(1)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
ぬこ
秋の食材と

ようやく猛暑も過ぎひんやりしてきた今日この頃にこの「秋あがり」をいただくとじんわりした濃いめの美味しさが伝わってきます。
きのこや鮭のバター焼き、高くなってしまいましたが秋刀魚の塩焼きにすだちを添えて等々、秋のメニューにぴったりのお酒です。
甘めの濃口ながら後味は鮎正宗酒造さまらしい「硬派」といった感じでしょうか。
また、ラベルが秋の錦繍のように美しく、でも力強く、眺めてはいただいています。
機会がございましたら蔵元さまにもよろしくお伝えくださいませ。

ぬこ様
コメントありがとうございます。
こちらのお酒、2023年にラベルの色合いをリニューアルして、より秋酒らしい雰囲気の装いになりました。

秋は濃いめのお酒が多く出る時期でもありますね。
そのなかでも鮎正宗の純米原酒は非常にバランスがとれ、新酒特有の荒々しさから丸みを帯びたような味わいに仕上がっていると思います。

この純米原酒が終わる頃、早くも新酒の純米原酒が入荷してきます。
一年はあっという間ですね。
新酒も機会がありましたらぜひご賞味ください。

最近チェックした商品