「9/22(水)発売開始」千代の光 純米吟醸KENICHIRO 雄町 火入れ

¥3,520 

「AmazonPay」は、ギフト注文の際にはご利用いただけません。ご自分あてお届けのご注文は可能です。

このサイズは現在完売しています

甘辛度

1
2
3
4
5
甘口
普通
辛口

濃厚度

1
2
3
4
5
すっきり
普通
濃い

芳醇度

1
2
3
4
5
穏やか
普通
華やか

飲み方

ロック
冷酒
常温
ぬる燗
熱燗

店長のおすすめポイント

春先に発売した生原酒バージョンが大変好評だった「雄町」の火入れバージョンになります。
火入れは生原酒の良さを残すため「瓶燗火入れ」を採用。雄町のお酒は秋あがり(秋に美味しさのピークが来る)すると言われます。

りんご系の香り、スッキリさと雄町特有のふくよかさ、後味はシュッとキレるバランスの良い味わいをお楽しみください。

商品紹介

日本酒造りに使用される酒米(酒造好適米)で最古の品種と言われる「雄町(おまち)」
酒米の王様・山田錦や、新潟県を代表する五百万石など、それらの酒米のルーツをたどっていくと雄町にたどり着くと言われます。
雄町は味わいの良さの他に、冬に仕込んだお酒を熟成して、秋にうまさのピークがくる「秋あがり」するお酒としても知られます。

この商品は、千代の光 純米吟醸KENICHIROシリーズで無濾過生原酒として2020年3月30日に急遽発売をしたお酒の「火入れバージョン」です。

生原酒のフレッシュさをできる限り残すため、瓶燗火入れ(瓶詰めしたお酒を湯煎で熱処理)を採用して、秋あがりすると言われる、秋の始まりまで丁寧に低温熟成させました。

製造責任者の池田剣一郎さんは、当初火入れをして秋の発売を考えていましたが、早春の仕込みの際に思った以上に良いお酒になる分析値、そして醗酵中の良酒になる気配を感じ、まずは春に生原酒として発売しました。
その予想は当たり、多くのお客様から「美味しい」と好評を得た味わいとなりました。

りんごのようなフルーティな香り、そして原料米・雄町独特のふくよかさ(やさしさ)を感じる甘み、その後に感じるほどよい酸味・渋みがアクセントにスッキリと後味までキレる、いわば味わいのハーモニーを楽しめる理想的な味わいになりました。

春先に生原酒を発売した都合で、火入れタイプのお酒は当初の予定より少ない発売になるようです。お早めにどうぞ。

商品情報

原料米 雄町(岡山県産)
精米歩合 50%
アルコール度数 15%
日本酒度 -10
酸度 2.0
醸造元 千代の光酒造