燗で呑む越路乃紅梅 純米生詰(30BY)

¥2,750 

「AmazonPay」は、ギフト注文の際にはご利用いただけません。ご自分あてお届けのご注文は可能です。

このサイズは現在完売しています

販売可能になったときに通知を受け取りたい場合は、以下のフォームに入力してください。

甘辛度

1
2
3
4
5
甘口
普通
辛口

濃厚度

1
2
3
4
5
すっきり
普通
濃い

芳醇度

1
2
3
4
5
穏やか
普通
華やか

飲み方

ロック
冷酒
常温
ぬる燗
熱燗

店長のおすすめポイント

少し熱めのお燗(45度くらい)で、一口目「うまいな~」、少し時間が経って温度が下がった40度くらいで「お、この温度帯もいいね」と飲んで思いました。

お燗酒特有の「ツン」と来る香りも比較的おだやかなので、お燗酒専用に造られたのがココでも感じます。蔵元の八木社長いわく、45~50度位の熱めの燗でもぜひ試してください、とのことです。

商品紹介

燗で呑む越路乃紅梅の企画を蔵元・頚城酒造 八木社長より聞いたとき、大変興味が湧きました。
印象的なラベルは、お鍋をイメージしているそうで、さらには珍しい1.5L瓶が目を惹きますね。

お燗酒専用の日本酒ですが、2年間丁寧に熟成させており、企画者である八木社長の 「冬にお燗して美味しいお酒が飲みたい」「出汁を活かした鍋料理と共に飲みたい」という想いが伝わってきます。

おすすめのお燗の温度帯は45度前後の「上燗(じょうかん)」です。
それ以上熱すぎると風味が飛んで本来の味わいが楽しめないため注意が必要で、 その45度から徐々に温度が下がってくる40度位までが抜群に美味しい温度帯だと思います(検証済み)

また、45度~50度位の熱めのお燗でもぜひ試して欲しいそうです。

普段お燗酒に慣れない方もぜひお試しください。
2年間の熟成により、普通の日本酒よりも「ツン」と鼻にくるお燗種特有の香りが穏やかです。

商品情報

原料米 五百万石
精米歩合 70%
アルコール度数 15%
醸造元 頚城酒造株式会社