東洋一の蓮(はす)です。

今日の午前中に地元・上越市にある高田公園に行って来ました。
現在、「上越はすまつり」が行われているからです。
強い日差しの中、汗だくでお堀を目指します。予報では最高気温は32℃…梅雨明け宣言から連日暑い日々です。
上越はすまつり
高田城跡のあった高田公園にはお堀があり、そこには東京ドーム3.5個分の面積に蓮(はす)の葉がびっしりとこの時期埋まります。その面積は東洋一と言われ、県内はもとより各地からその蓮を見にたくさんの方がいらっしゃいます。
今年は特に蓮の葉が多いような気がしますが…

明治時代、お堀では蓮根(れんこん)の栽培が行われていました。今では蓮根栽培は行われていませんが、それがこの蓮の起源とされ現在に至ります。
午前中の蓮午前中の蓮はギリギリ開いていてくれるかなと思ったのですが、花びらが閉じかかったものが多く残念でした。本当は早起きして行く予定でしたが、寝坊しました(汗)
蓮の花びらの色私はこの蓮の淡い紫色の花びらの色が好きです。何だか涼しさを感じるからかもしれません。
色々な品種の蓮(はす)
世界各国の色々な品種の蓮を見る事が出来ます。この白い色の蓮も良いですね。

蓮の葉と花
開く前の蓮
大きな蓮の葉の中に可憐に咲く淡い色の花が何とも言えません。もう少し経つと花の数も増えると思います。お盆頃かな…明日には開きそうな蓮の花がありました。開いた花が楽しみです。

夏の暑い日差しと可憐な蓮の花夏の暑い日差しと可憐な蓮の花は趣があります。曇が多めの空でも今日は暑かった…


そうそう、高田公園でももう一つの目的
ブログ仲間のもちこさんのもちや菓子店さんが公園内に出店されています。
はすの実饅頭の販売
もちこさん自身が銘菓「はすの実饅頭」と噂の「亀どら」を販売されていましたよ。
暑い中、本当にお疲れ様です。
はすの実饅頭を頂く
帰ってきて「はすの実饅頭(まんじゅう)」を頂きました。
実際にはすの実が入っています。モチっとした食感とつぶ餡の味わいが良いです。肝心のはすの実はクセもなく、お子様でも食べれそうな気がします。
今回は買ってきてから冷蔵庫に入れておいたので冷たくて、以前食べたときよりまた違った味わいでした。冷したほうが好みかも♪

この「はすの実饅頭」の高田公園での販売は、11日(土)12日(日)の9:00~13:00まで行われるそうです。それ以外は上越市本町2丁目のお店で販売されているそうです。

お盆時期にこちら上越に帰省される予定の方、高田公園の上越はすまつりに足を伸ばしてみてはいかがでしょう?
そして旅行で高田公園まで足を伸ばされる方大歓迎ですよ~26日(日)まではすまつりやってます。
暑いのが苦手な方は早朝をおすすめします。早朝なら花が開いている可能性も高くなりますし。

春は観桜会、夏ははすまつりと楽しませてくれる高田公園にぜひどうぞ

Facebookでコメントをどうぞ!