久しぶりのお出かけ~柏崎・寺泊方面へ~

昨日の定休日、妻と久しぶりのドライブに出かけました。
午前中はまったりと過ごし、午後から近場へのお出かけ計画。しかし天候は曇りで今にも雨が降りそうです。
梅雨明けしたのですが最近は天気が良くないですね…

計画を立てた目的地は寺泊にあるあるピザが美味しいというお店。それ以外の予定は詰めず、一般道でゆっくりと気楽に向かうことにしました。
家から県道を通り、国道8号線を北上…40分もすると上越市のお隣、柏崎市に入ります。

まず立ち寄ったのが柏崎・米山にある恋人岬。
恋人岬
対岸に見えるのは柏崎・青海川地区。そう酒の新茶屋さんがあるところです。
中越沖地震の際、被害の象徴的な場所となった所でもあり、崩れた斜面はコンクリートで固められ痛々しくも感じます。
まだブルーシートが見えますが、一歩ずつ復興してきています。
鉛色の雲
鉛色の雲が空を覆っていますね。その日は海風も少し強いので肌寒くも感じました。
下に見える岩場には地震の影響か今は行くことができないようです。この恋人岬がある米山地区は、小さな頃から遊びに来ていた場所なのでとても懐かしいところでもあるのです。
恋人岬の鐘
ここは恋人たちが訪れ、記念のプレートを柵に鍵かける場所。
多くの記念のプレートが並び、柵には最近話題の”落書き”も多数あります。ここは半ば公認なんでしょうね。
そして「Lover's Bell」と呼ばれる恋人たちの鐘があり、時折恥ずかしながら鳴らすカップルがいましたよ。
私たちも恋人ではありませんが、念のため鳴らしておきました(笑)

その後、8号線沿いにある赤坂山公園というところに立ち寄り、車を進め国道116号線に入り寺泊を目指します。
何とかお天気も曇り空のまま…でもこの日の午前中はこの地域で豪雨だったようで、あとからその事実を知りました。
そして本来であれば海沿いの道を走りたかったのですが、昨年の地震の被害があってまだ通れないのでもうしばらくの間我慢のようです。

時刻は夕暮れ時、寺泊・野積にある目的のレストランに到着です。海が見渡せる絶好のロケーションが魅力的です。ここには他にも数件行きたくなるようなお店があります。
その中でも今回選んだのがこちらのレストラン。
ピッツェリア エ バール  ラ・ポルタブルー
ピッツェリア エ バール  ラ・ポルタブルー
以前、この道を通りかかった際に「薪釜のピッツァ」の看板があり気になっていたお店。
最近出た雑誌「CARREL」にも掲載されているので行ってみようということになりました。

イタリアのナポリピッツァ協会からお墨付きを得た本格的なナポリピッツァが楽しめるお店らしいのです。
以前、そのお墨付きを得た他のお店に行ったときにとても美味しいピッツァが出てきたので、こちらのお店も期待大で入店します。


で…肝心のピッツァの写真は取り忘れ…(汗)
いや、撮影を忘れてしまうくらい美味しくて、美味しくて♪
お腹が減っていたせいもあるけれど、あっという間に二人で食べてしまいました。

店内から見える夕日
食事の中盤、夕日が沈む瞬間に出会えました。というか事前に日の入り時刻を調べ、狙ってこの時間に行ったのですが

天気が悪いけど、雲の隙間から太陽が見えます。
夕焼けのロマンチックな雰囲気と店内に流れるカンツォーネがまるでイタリアのリゾート地にいるような錯覚に陥りました。

残念ながら”だるま夕日”にはならずでしたが、いい瞬間にめぐり合えました。

いや~食事も良かったけど、景色も最高でした。ごちそう様でした。

食事を終え、海沿いの道の通行止め区間の手前まで走って帰ることにしました。
しかし、走ってすぐにある「寺泊港」付近でライトアップされた空間を見つけ立ち寄ることに
ライトアップされた公園
寺泊港のすぐ脇にある公園で青と白の発光ダイオード(LED)によるライトアップが行われていました。
車を止め、食後の運動を兼ね散歩することに。
震災復興の願いを込めたライトアップで、短冊にメッセージが書かれていました。

昨年の同時期は風評被害でこの地域の観光客が激減。寺泊は建物の被害以上に深刻な打撃を受けた地域です。
今年は観光客も戻ってきているようで県外ナンバーの車を多く見かけました。少しでも多くの方が訪れて活気が戻ることを願うばかりです。

ほんの半日でしたが、久しぶりのドライブ楽しかったです。

Facebookでコメントをどうぞ!